恋愛情報『既婚上司と5年不倫した末に… “ドロ沼不倫”から抜け出せなくなった「女性の末路」【34歳女性の告白 後編】』

2021年10月19日 21:15

既婚上司と5年不倫した末に… “ドロ沼不倫”から抜け出せなくなった「女性の末路」【34歳女性の告白 後編】

独身だと聞いていた恋人が、実は既婚者であることを妊娠中に知ったフミカさん(仮名・当時34歳)。お腹の子どもがどんどん育っていくなかで焦ったフミカさんは、恋人であるユウイチさん(仮名・当時39歳)を妻と別れさせるために躍起になっていたそう。しかし、最終的にはとんでもないドロ沼な展開を迎えることに…。今回は、そのときの話を教えてもらいました。

シングルマザーとして生きる決意

目次

・シングルマザーとして生きる決意
・憎かった元不倫相手が家を訪ねてくるように…
既婚上司と5年不倫した末に… “ドロ沼不倫”から抜け出せなくなった「女性の末路」【34歳女性の告白 後編】


「海外で暮らしていたユウイチの妻と子どもが帰国することにより、彼は住んでいたアパートを引き払い、家族で暮らすためのマンションを借りたんです。その頃に私は妊娠5か月。赤ちゃんを諦めようとは思わず、とにかく“産む”と決めていました。

また、子どもが生まれる前にユウイチが離婚してくれることを望んでいましたが、状況的にもう間に合わないだろうという諦めもあったので、とにかく産んだ子どもの認知だけはお願いしたいというスタンスに切り替え、ユウイチと連絡を取り続けていましたね」

この頃になると、ユウイチさんに対しては、恋人というよりも“生まれてくる子どものために父親として最低限の責任をとってもらう存在”という思いしか抱けなかったというフミカさん。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.