恋愛情報『もっと早く知りたかった…! マッチングアプリで「不発が続く原因」3つ #142』

2021年10月21日 20:00

もっと早く知りたかった…! マッチングアプリで「不発が続く原因」3つ #142

  • ライトなノリのマッチングアプリで婚活男性を探している
  • サービスと自分の年齢層がズレている(自分が30代なのに、20代向けサービスを使う等)
  • 堅実な方が多く登録する結婚相談所で、性格や価値観には強い冒険心や好奇心などを求める
上記はよく起こりがちな、婚活場所を間違えている例です。なかなかいい人と巡り会えないと悩む女性は、自分の譲れない条件の男性はどんな場所によくいるのか一度ゆっくり考えてみましょう。

求める年収は相手から見て適切か
年収をある程度望むことは、生活にとって大切なことですから否定しません。ただ、年収を高く高くと望むのであれば、同時に自分がそれに見合った人物かは常に振り返ったほうがいいでしょう。派遣社員として将来不安を抱いていたE子さんは、安定感をとにかく求めて男性の年収は600万円を希望していました(自分より年下男性なら500万円でもOK)。しかしこれに対して、E子さんの年齢と年収は34歳で300万円でした。

もちろんこの条件を出してはいけないということではありません。ただデータとして羅列された時、E子さんの出した条件は高望みに見えてしまいます。例えばここで、E子さんが料理も家事力も自信があり、高いサポート力を結婚後は発揮できるとか、元モデル級の美人であるとか、別途プラス要素が加わるような話があれば別で、そうではないなら相手からの見え方は変わってきます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.