恋愛情報『妻をもう女として見ていない…不倫する男性が「言いがちな常套句」4つ』

2021年10月22日 20:30

妻をもう女として見ていない…不倫する男性が「言いがちな常套句」4つ

それを鵜呑みにして彼の離婚を待ち続けた結果、結局離婚しなかったというケースはいくらでも耳にします。「今すぐ離婚はできないけれど」と言っている時点で、彼らは永遠に離婚をするつもりはありません。目を覚ましましょう。

「結婚生活が辛い…」

妻をもう女として見ていない…不倫する男性が「言いがちな常套句」4つ


結婚生活が辛いと言って、浮気相手の同情を煽るのがうまい男性は多いです。

不倫をする女性のほとんどが、最初からのめり込むのではなく、はじめは罪悪感から深入りしないように踏みとどまります。ところが、彼に対して同情心が生まれると、「かわいそう…。彼を救い出してあげたい」という不倫の大義名分が生まれます。そうして女性側も、不倫から抜け出せなくなっていくのです。

なかには、妻は何も悪くないのに妻を悪者に仕立て上げ、自分が被害者のような顔をする男性もいるので、気をつけたいところです。

「もっと早く出会いたかった」

妻をもう女として見ていない…不倫する男性が「言いがちな常套句」4つ


「もっと君と早く知り合っていたなら…」。そう囁かれ、まるで「君は運命の人だ」と言われているようで舞い上がってしまう女性も多いです。ところがその意味をよく考えてみると、「妻が一番で、君は二番手だ」と言われているようなもの。

不倫をする男性が必ずといっていいほど口にしがちな言葉です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.