恋愛情報『3回目のデートで何もなかった… 「曖昧な関係」を続ける男性たちの本音4つ』

2021年11月15日 21:53

3回目のデートで何もなかった… 「曖昧な関係」を続ける男性たちの本音4つ

2人で何度か食事や遊びに出かけていても、その先になかなか進まない場合もありますよね。そんな曖昧な関係にじれったさを感じるかもしれません。相手が何を考えているのか分からず、不安になることもあるでしょう。そこで今回は、“曖昧な関係を続ける本音”について男性たちに話を聞いてみました。「3回目のデートで何もなかったら脈なし」とよく言われていますが、そうでない場合もあるようです。

「女友だちがほしいだけ」

目次

・「女友だちがほしいだけ」
・「どうしていいか分からない」
・「ゆっくり進めたい」
・「誘われたから行っているだけ」
3回目のデートで何もなかった… 「曖昧な関係」を続ける男性たちの本音4つ


「異性の友だちって大事じゃないですか。自分とは考え方が違う場合が多くて、相談すると新鮮な意見がもらえてありがたいです。だから、女友だちがほしいと思って、食事に誘うんですけど…。

ときどき自分と相手のお互いに対する感情にギャップを感じることがあります。好意を持たれて告白をされることも。そういう関係になりたかったわけじゃないんだよな…と思ってしまうこともあります」タケ(仮名)/27歳

「ただ友だちとして付き合っていきたい」と思っているパターンもあるそう。2人っきりの食事に誘われたとしても、そこに恋愛感情があるとは限らないわけですね。

「どうしていいか分からない」

「僕は女性があまり得意ではありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.