恋愛情報『“実は、離婚して欲しいんだ”… 結婚3年目、34歳妻が驚愕した「夫の衝撃告白」【前編】』

2022年5月6日 20:15

“実は、離婚して欲しいんだ”… 結婚3年目、34歳妻が驚愕した「夫の衝撃告白」【前編】

結婚してしばらくすると、「そろそろ子どもが欲しい」と考える人も多いと思います。でも、夫婦間で子どもを授かることへの考え方が異なっていると、すれ違ってしまうこともしばしば。真純さん(仮名・34歳)は以前、子どものことで夫と意見が合わず、大変な思いをしたそう。いったい何があったのか、彼女に詳しく話をうかがいました。

夢をあきらめて就職した夫

目次

・夢をあきらめて就職した夫
・不倫を疑ったものの…
・突然、離婚を切り出されて
・離婚の理由
“実は、離婚して欲しいんだ”… 結婚3年目、34歳妻が驚愕した「夫の衝撃告白」【前編】


「私は大学2年生のときに、夫の和孝(仮名)と出会いました。夫は当時大学4年生で、バンドをやっていたんですね。

そして、和孝と出会ってしばらくしたのち、交際がスタート。和孝は、大学卒業後もバイトをしながらバンド活動を続けていくことに。一方で、私は大学を卒業後に就職。

その後、交際から5年が経った頃に私たちは結婚しました。さらに、結婚を機に和孝はバンド活動をやめ、一般企業に就職したんです」

不倫を疑ったものの…

「結婚して少しずつ生活も安定してきた頃、私は和孝に“子どもが欲しい”という話をするようになりました。最初は、和孝もそれに賛成してくれていたんですね。

ところが、だんだんと和孝の子作りに対する意欲が薄れてきたように感じました。あまり熱心ではないというか、乗り気ではないというか…。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.