恋愛情報『食材はこう選ぶ! 栄養士が教える5つの食のマメ知識』

2015年5月28日 11:00

食材はこう選ぶ! 栄養士が教える5つの食のマメ知識

食材はこう選ぶ! 栄養士が教える5つの食のマメ知識

魚の赤身部分が赤いのにも、緑葉野菜の葉が緑なのにもワケがあります。ちょっとした食のマメ知識を得ることで、食材選びがうんと楽しく、ぐっとヘルシーに!

1.白身魚で脂肪分カット!

良質なタンパク質源として食生活に欠かせない魚介類。魚は赤身、白身とに分けられ、身の色によって栄養素も違ってきます。マグロやブリなどの魚の身が赤いのは、色素タンパク質が多いから。赤身魚は、高速で泳ぐので筋肉の量が多く、身がしまっているのがその特徴です。
白身魚は、赤身魚に比べ、行動範囲が狭く、脂肪分が少ないのであっさりとしたお味。ちなみに、サケは白身魚に分類されます。サケの身が赤いのはアスタキサンチンという成分が含まれているため。また、血液をサラサラにしてくれるドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸は、水中のプランクトンによって合成され、サバやイワシなどの青魚に多く含まれています。

2.赤肉で脂肪燃焼!

魚と同様、肉にもまた赤肉と呼ばれる部位があります。赤肉は筋肉組織で鉄分が豊富に含まれています。また、脂肪燃焼を促すL—カルチニンという成分も多く含まれています。赤肉は火を入れ過ぎると硬くなり、美味しくなくなってしまうので料理の際は注意が必要です。


関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.