恋愛情報『意外に知られていない!? 妊娠初期クライシスの存在』

2015年6月16日 09:00

意外に知られていない!? 妊娠初期クライシスの存在

意外に知られていない!? 妊娠初期クライシスの存在

最近では、出産を機に夫婦仲に亀裂が生じ、良好な夫婦関係が築けなくなるという「産後クライシス」なる言葉をよく耳にするようになりました。身を削って子どもを産んだ女性にその後待ち受けているものが“24時間休みなしの育児”であれば、精神的にも肉体的にも追いつめられるのも仕方がありません。それを尻目に何も変わらない夫の姿を目の当たりにしてしまえば、憎さ100倍。怒りとともに、相手への失望を止めることができなくなります。
しかしながら、このシナリオはすでに妊娠初期から始まっているのです。SNSで見られる友人たちの幸せ満開の妊娠報告にだまされてはいけません!なぜならば、妊娠初期の女性の“こころ”と“からだ”の状態は、実はそんなあま~いものではないのですから!

妊娠してみて初めて知る、「自分」という生き物

ドラマでよくある、妊娠がわかった主人公がハンカチで口をおさえながらトイレに駆け込むあのシーン。あれがすべての女性が経験することかというと、答えは「No」です。
しかしながら妊娠には「つわり」というものがつきものなのです。つわりには「食べられないつわり」と、何かを口にしていないと気持ちが悪くなる「食べつわり」


関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.