恋愛情報『【インタビュー連載】 キャンドル作家・兼島麻里さん ~第1回 キャンドル作りとの出会い~』

2015年7月15日 09:00

【インタビュー連載】 キャンドル作家・兼島麻里さん ~第1回 キャンドル作りとの出会い~

【インタビュー連載】 キャンドル作家・兼島麻里さん ~第1回 キャンドル作りとの出会い~

仕事、家庭に忙しい毎日のなか、自分自身の充足感をどのように見出し、人生を彩っていくか。これは年齢、家族構成に関わらず、女性共通のテーマです。毎日を頑張る女性にお話を伺い、読者のみなさまの参考になればと思い、インタビュー記事をお届けします。
今回は、キャンドル作家、兼島麻里(カネシママリ)さんにお話を伺いました。兼島さんは兵庫県在住の30代、ご自身のキャンドルブランド『Ballare』の代表であり、私生活では妻そして二人のお子さん(3歳、1歳)の母でいらっしゃいます。

キャンドルとの出会いは、夫の転勤がきっかけ
吉原: 本日は、よろしくお願いします。『Ballare』のホームページを拝見して、作品の美しさと精巧さに感動しました。やはり、ずっと、アートに関するお勉強や、お仕事をされてこられたんですか?

兼島さん(以下、兼): ありがとうございます。いえ、そういうわけじゃないんです。最終学歴はお茶の水女子大学生活科学部卒ですし、職歴もアパレル職や事務職でした。

吉原: たしかに、キャンドルとは別分野ですね。では、どういったことがキャンドル作りをはじめるきっかけだったのでしょうか。

兼: 結婚を機に仕事を辞めて専業主婦になり、夫の仕事の転勤で静岡県浜松市に引っ越しました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.