恋愛情報『シングルマザーでも恋を謳歌! 多様な家族像が認められているオーストラリアで考えてみたこと』

2015年7月26日 19:00

シングルマザーでも恋を謳歌! 多様な家族像が認められているオーストラリアで考えてみたこと

シングルマザーでも恋を謳歌! 多様な家族像が認められているオーストラリアで考えてみたこと

かつては離婚がタブーだった日本も、今や欧米並みの離婚率。結婚したからには今後の人生ずっと安泰なんて保証はどこにもないのです。子どもがいなければ離婚してもやり直しのチャンスはまだまだあり、再スタートをきる人たちも多いのですが、難しいのはシングルマザーの場合。「子どもがいるのに離婚するなんて身勝手。恋愛を求めるなんて自分本位もいいところ」というように、ものすごーくネガティブな目で見られていることがまだまだ多いようです。
ところかわって筆者の住むオーストラリア。離婚率は高いのですが、なによりも印象的なのはシングルマザーになっても恋愛を楽しみ、恋人を子どもに紹介したり一緒に暮らしたり――というケースがじつに多く、またとりわけタブー視されていないということです。いったいこの違いは何なのでしょうか。日本に比べて自由といえば自由、寛容といえばじつに寛容なお国という気がします。

離婚は“タブー”ではないし、誰だって幸せを追求する権利があるはず

筆者のまわりを見渡しても、離婚経験者がかなり多く感じます。まだ幼い子どもがいようが、家のローンがまだまだ残っていようが、オーストラリア人たちはじつにさっぱりと別れています。


関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.