恋愛情報『大人でもこじれやすい……実親との付き合いが難しい理由とは?』

2015年12月29日 18:00

大人でもこじれやすい……実親との付き合いが難しい理由とは?

大人でもこじれやすい……実親との付き合いが難しい理由とは?


よく結婚した人が姑など義理の親との付き合いが難しいと不満をこぼしたりしますが、では実の親との関係はどうなのでしょうか?既婚でも未婚でも大人になってから、実の親との関係に悩んでいる人は意外と多いと思いみたい。いったんこじれると関係修復が難しいのも事実で、悩ましいですね。
血のつながった親子のはずなのに、良好な関係をキープするのが難しいのはどうしてなのでしょう??じつはそれなりの理由がちゃんとあるのです。

“親なんだから、子どもなんだから、わかってくれるだろう”という幻想

いくら親子とはいえ、大人にもなれば独立したひとりの人間として個性も考え方も、親と大きく違っていて当然。でもこれは頭ではわかっていてもやはり親のほうは、“自分が手塩にかけて育てたんだから、親の意向や気持ちを当然子どもは理解しているはず”と思い込みがち。
子どものほうも子どもで、親に対する甘えもあってか、“今まで育ててきてくれたんだから、私がどうしたいのかわかるはずでしょ”という意識がぬけません。こうやっておたがいが、相手方は当然自分の気持ちを理解してくれているはずだ、期待を裏切るようなことはない、だって親子なんだから、と考えやすくなる構造があるのです。


関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.