恋愛情報『幸せ体質のヒミツは“第二の脳”にあった! 胃腸ケアが大切なワケ』

2016年1月29日 23:00

幸せ体質のヒミツは“第二の脳”にあった! 胃腸ケアが大切なワケ

英語では恋のドキドキ感や胸騒ぎなどを、“butterflies in stomach”(おなかのなかの蝶々)と表現しますが、それにもちゃんと科学的根拠があります。これは胃腸が脳に“ドキドキする”という独自のシグナルを送っていると考えられるのです。もちろん情報は脳から胃腸へもダイレクトに伝達されます。過敏性腸症候群(IBS:ストレスによる下痢や胃腸などの症状)の患者にウツが多いことからも、脳と胃腸の密接な関係が伺えると言えるでしょう。
消化システムには約1.5キロ相当のバクテリアが棲みついており、健康に大きく影響をおよぼしています。それだけでなく、神経伝達物質の生産にも関わり、脳に直接シグナルを送っているようです。これによって気分やムードが左右され、ストレスへの対処にも影響してくると考えられているのです
胃腸の消化システムにいるバクテリアの種類が多様なほど、健康に対するリスクは全般的にさがり、その一方で幸福ホルモンのセロトニンを望ましいレベルに維持する傾向にあることが数々の研究でも判明してきています。つまり、私たちの幸福感や気分的なムードはじつはお腹の中のバクテリアに大きく左右されているのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.