恋愛情報『やはり現実は男社会、、、男女の賃金格差をめぐる悩み深いお話』

2012年7月17日 12:30

やはり現実は男社会、、、男女の賃金格差をめぐる悩み深いお話

やはり現実は男社会、、、男女の賃金格差をめぐる悩み深いお話

同じ資格あるいは経歴なのに、男と女でお給料が歴然と違う、日本より男女平等がすすんでいるようにみえる欧米社会でも、こんな不満を抱えた女性は多いようで時折メディアでも話題になっています。なんと、そこには、女性側の意識にも原因があるとか、、、なかなか根深い問題です。

男女ともに差別なく平等に育っても、社会に出ることになると、仕事や働くことに関する女性の意識はかなり男性と異なってきます。とりわけ顕著な差がみられるのが賃金について。男性は自分の稼ぎ分について積極的に(会社側と)交渉することに、あまり躊躇せず、自信を持ってお給料アップを言い出しますが、女性はもっとずっと極めて消極的。自分から言い出さないので、給料も長く働いても変わらないままだというのです。
最初はわずかな差でも、そのまま何年も経つと、その賃金格差はやがて無視できないものになってきます。

イギリスでは、男女差による賃金差は20パーセント近くにもなるといい、世界に冠たる名門校オックスフォード大学やケンブリッジ大学を卒業した女子でさえ、こうした傾向に甘んじているとか。。その大きな原因のひとつとして挙げられるのが、『女性は揉め事を避けようとして、低い給料に甘んじがち』という意識だといいます。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.