恋愛情報『二人目育児で気をつけたい! 上の子が下の子に嫉妬してしまうのはこんなとき!』

2016年2月29日 15:00

二人目育児で気をつけたい! 上の子が下の子に嫉妬してしまうのはこんなとき!

二人目育児で気をつけたい! 上の子が下の子に嫉妬してしまうのはこんなとき!


長男5歳、次男8か月を子育て中のライター宮野茉莉子です。いまだに長男は、かなりの赤ちゃん返り中。親が思う以上に、長男はさみしい思いをしているよう。その反省とともに、どんな場面で上の子がさみしい思いをするのかをまとめました。

授乳や抱っこ

子どもにとって、抱っこは1番うれしいコミュニケーション。しかし抱っこされる機会の減った上の子に比べ、赤ちゃんは抱っこ抱っこの連続、さらに授乳は抱っこの最たるもの。いつでもママに抱っこされている下の子が、うらやましく思うものです。

遊んでいるとき

赤ちゃんは一人遊びが上の子のようにできません。そのぶん、親が赤ちゃんと遊ぶ回数は多め。遊び方も対赤ちゃんとなるとオモチャだけでなく、歌や話しかけ、体を使った遊びが多くなりますよね。全身の触れ合いとなる遊びに、うらやましさも増します。

声のトーンや赤ちゃん言葉

誰しも赤ちゃんに話しかける声のトーンはあがり、優しくなるもの。赤ちゃん言葉を使ったり、「オムツ替えようね~」なんて話しかけが多くなる親も多いと思います。
上の子には普通の声色で話しかけ、ときに叱ることだってある。この落差に子どもは敏感です。

着替えやオムツ替え、離乳食

着替えやオムツ替え、離乳食はお世話として当たり前なことですが、親子が触れ合う場でもあるもの。


関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.