恋愛情報『結婚しても夫とラブラブでいつ続けるためのルール5つ』

2016年3月7日 22:00

結婚しても夫とラブラブでいつ続けるためのルール5つ

結婚しても夫とラブラブでいつ続けるためのルール5つ


結婚して時間がたつとケンカも増えて、「こんなハズじゃなかった!もう離婚したい!」という気持ちになることもあるのが夫婦ですよね。とはいえ、結婚式のときに「病めるときも健やかなときも、喜びのときも悲しみのときも、富めるときも貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け――その命ある限り、つくすことを誓いますか?」という問いに対して「はい」と答えたときは誰しもその気持ちがあったはず……。いったいどこで、その気持ちがすれ違ってしまったのでしょうか……。
そこで今回は、「いつまでも夫とラブラブでいるためのルール5つ」について解説します。

スキンシップは欠かさない

結婚してからエッチの回数は減っても、おはようのキスは欠かさない夫婦は仲がいい人たちが多いです。いるのが当たり前……という環境になってしまうとスキンシップは減りがちですが、手をつないだりマッサージしあうだけでも新鮮な気持ちはよみがえるはず。
たまには手をつないでデートに行ってみてはどうでしょうか。

「お出かけ」の機会を持つ

結婚しても夫とラブラブでいつ続けるためのルール5つ


生活に追われて忙しい日々をすごしていると、男性も女性も外見への配慮を忘れがちになります。ですが、たまにはちょっとドレスアップしておしゃれなレストランに行くような機会を無理やり作ってみると、「ファスナーがキツイ!」


関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.