恋愛情報『名台詞「おそろしい子」でお馴染み。「ガラスの仮面」を読まずして少女マンガを語るべからず!』

2012年8月4日 22:30

名台詞「おそろしい子」でお馴染み。「ガラスの仮面」を読まずして少女マンガを語るべからず!

名台詞「おそろしい子」でお馴染み。「ガラスの仮面」を読まずして少女マンガを語るべからず!

泣く子も黙る大河少女マンガの草分け的存在「ガラスの仮面」。30年以上もの長きにわたり連載されている超大作漫画で、現在コミックは48巻まで刊行されています。
こんなに面白い漫画は無い!というわけで、ガラスの仮面の魅力をご紹介したいと思います。

あらすじ
主人公の北島マヤは、何の取り得も無い平凡な少女。往年の大女優月影千草に芝居の才能を見出され、数々の苦難を乗り越えながら女優への道を突き進んでいくという、演劇が主題になっている漫画です。

マヤ派?亜弓さん派?
主人公マヤと人気を二分するのが、マヤのライバル姫川亜弓。美人でお金持ちで成績優秀、演技力も折り紙つきと世間から思われている亜弓さんですが、実は影で必至に練習を積んでいる、努力の人。
天才的な演技力を持ち合わせているマヤとは、色々な意味で正反対のキャラクター。
少女マンガといえば、どうしても主人公に人気が集中しがちですが、主人公のライバルである亜弓さん支持派がかなり多いという点も、ガラスの仮面の魅力のひとつ。どちらのキャラに感情移入するかで、読み方も変わってきますよ。

実は共演者キラーなマヤ
決して演劇だけの内容じゃありません。少女マンガですから、お決まりの恋愛話も絡んできます。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.