恋愛情報『ロマンティックで優しいけど……外国人夫のウザイところ&解決策3つ!』

2016年7月2日 03:30

ロマンティックで優しいけど……外国人夫のウザイところ&解決策3つ!

目次

・1: 痛みに弱くいちいち大げさ
・2: 遅れているのに急がない
・3: 義父母に遠慮をしない
・まとめ
ロマンティックで優しいけど……外国人夫のウザイところ&解決策3つ!


ロマンティックで優しいイメージの強い外国人夫ですが、実際に同じ屋根の下で生活をはじめるとイライラの要因があちこちに転がっていることに気がつきます。それは、文化の違いから生じる理解不能な外国人夫の言動や習慣など、多岐にわたります。
今回はそんなイライラの原因と解決策を分析してみました。

1: 痛みに弱くいちいち大げさ

男性は女性に比べて痛みに弱いと言われますが、日本人男性よりさらに痛みが弱いのが外国人夫。小指を机の脚にぶけながら、「アウチ!」と絶叫しながら飛びはねる姿はまさにパフォーマー。
外国人夫にあまりに痛みを主張されると、忍耐力の強い日本人妻は心配するどころかしらけた気分に……。優しい言葉を期待していた外国人夫の「キミは冷たいよね」の言葉にさらにイライラ。

解決策は……外国人夫へのイライラを防ぐためには、日本人の忍耐力レベルを求めないことが大切。「我慢」を美として捉える日本人の忍耐力の高さは、ときに外国人の目には不思議に映るほど。
外国人夫の痛みの弱さは個人的なものでなく文化なのだととらえれば、少しは寛容になれるかも !?

2: 遅れているのに急がない

外国人夫との結婚生活のなかで大きな壁となる、文化の違い。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.