恋愛情報『なんだかわかる気がする! 彼女と別れて後悔した瞬間5つ【第1弾】』

2016年11月25日 02:00

なんだかわかる気がする! 彼女と別れて後悔した瞬間5つ【第1弾】

目次

・朝起きたときの孤独感を感じたとき
・安心感と退屈の意味を理解したとき
・ほかの男が彼女に言い寄っているのをみて嫉妬心がうまれたとき
・愛されているという自信がわいてこないとき
・結婚する相手の概念が間違っていたと気づいたとき
なんだかわかる気がする! 彼女と別れて後悔した瞬間5つ【第1弾】


自分から別れを切り出したにもかかわらず、そのあと「あの選択は間違いだったかもしれないな」と思った経験がある方いらっしゃるはず。
今回は、女子でもその気持ちなんだかわかるなと思える、男性が彼女と別れて後悔した瞬間を集めてみました。

朝起きたときの孤独感を感じたとき

なんだかわかる気がする! 彼女と別れて後悔した瞬間5つ【第1弾】


ケンカばかりが続いて同棲していた彼女と別れて1週間。静かな生活がおくれるし、自由になれると思っていたけれど実際に感じた気持ちは孤独感だった。夜ベッドに行って、朝目覚めたときの孤独感はこれまで感じたことのないものだった。

安心感と退屈の意味を理解したとき

出会ったときにはお互いに夢中になって四六時中一緒にいたいと思えるような関係だったけどだんだんと付き合いが長くなっていくうちにそういったワクワク感がなくなっていった。僕はこの状況を「つまらない」と感じて、恋愛とはもっとつねにワクワクしてスリルがナイトダメだと思ったから別れることを選んだ。
でもその後、いろんな人と付き合ってみたけどうまくいかず、まわりの友人たちがどんどん結婚していく中で、じつはその彼女との関係は退屈だったんじゃなくてとてつもない安心感に包まれた最高の関係だったんだと気づいて悲しくなった。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.