恋愛情報『タイプ別!夏疲れを改善してくれる食材たち!?』

2012年8月24日 23:30

タイプ別!夏疲れを改善してくれる食材たち!?

タイプ別!夏疲れを改善してくれる食材たち!?

今年の夏は早くから暑かったですよね。
暑さや紫外線の影響で、体の中も外もお疲れな人、多いのではないでしょうか?夏疲れを改善するためには、食材に頼るのが効果的。タイプ別に改善効果のある食材をとって、夏疲れを秋に持ち越さないようにしましょう!

「疲労、食欲不振に→すっぱい食材」
夏の暑さに疲労感がたまったり、食欲の出ない人には「すっぱい」食材がオススメ。クエン酸や酢酸が体の疲労を改善し、落ちた食欲を取り戻してくれます。
代表的な食材は「酢・レモン・梅干し」。自分で調理する場合、夏野菜を切って合えるだけで、簡単に酢のものやマリネ、梅肉和えが作れます。他にも酸味のあるグレープフルーツやキウイなどの果物を食べても、同様の効果が得られます。

「ビールの飲み過ぎに→ビタミンB1」
夏に美味しいビール。ついつい飲み過ぎてしまいますが、実はアルコールのとり過ぎは夏バテの一因。糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」が減ることで、体や脳に疲れがたまりやすくなるのです。「夏バテぎみだから、夕飯はビールとおつまみで軽くすます」という人は、さらなる夏バテを自ら引き起こしているのかも。
ビールを飲むならビタミンB1豊富な「うなぎ、豚肉、枝豆、レバー、豆腐」

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.