恋愛情報『誰にでも起こりうる「産後クライシス」 その乗り越え方とは?』

2012年9月21日 20:00

誰にでも起こりうる「産後クライシス」 その乗り越え方とは?

誰にでも起こりうる「産後クライシス」 その乗り越え方とは?

NHKの「あさイチ」で放映され、反響を呼んでいる「産後クライシス」。「出産後に妻の夫への愛情が急激に減少する」ことをいいます。第一子の産後は離婚の第一関門ともいわれており、離婚をする人がとても多い時期。
離婚までには至らなくても、この時期のわだかまりは、その後の夫婦関係に長~く影響するのです。誰にでも起こりうる「産後クライシス」をうまく乗り越える方法を考えてみましょう。

産後は妻→夫への愛情を保てる人は半数以下!?
ベネッセ次世代育成研究所が妊娠期、0歳児期、1歳児期、2歳児期に『夫(妻)を心から愛していると実感する』という夫婦の割合を追跡調査したところ、妊娠中に妻→夫へ愛情を実感していた人は74.3%。なんとこれが0歳児期で45.5%と減り、2歳児期では34%と、半数以下に減っているのです!「あさイチ」で原因とされたのが、「夫のねぎらい」と「夫の家事・育児への参加度」の問題。
この結果と原因に、大きく頷くママは多いと思います。今まで産後の問題といえば、産後欝など女性の精神的な問題ばかり取り上げられてきましたよね。しかし出産はママしかできませんが、育児はみんなでするもの。女性の精神状態に追い討ちをかけるような出来事も、取り上げられていないだけでかなり多いと思います。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.