恋愛情報『夫婦関係が微妙な時こそ伝えたい! 愛を深める7つのフレーズ』

2017年6月21日 14:00

夫婦関係が微妙な時こそ伝えたい! 愛を深める7つのフレーズ

目次

・「私に何かできることある?」
・「○○の時はごめんね」
・「○○してくれてありがとう」
・「あなたのようなパパを持って幸せね」
・「大好きだよ」
・「いつもお疲れさま」
・「あなたと結婚できて幸せ」
夫婦関係が微妙な時こそ伝えたい! 愛を深める7つのフレーズ


常にラブラブが理想的ですが、時にケンカやすれ違いが起きてしまうのが夫婦の仲というもの。ただし、冷えきった夫婦関係をそのままにしておくと夫婦間に溝をつくってしまうだけ。今回は、夫婦関係が微妙な時こそ伝えたいフレーズについてまとめてみました。

「私に何かできることある?」

多忙な生活が続くと、お互いすれ違いになってしまいがち。困難な時こそお互いが助けを必要としている時。「私に何かできることある?」とパートナーに手を差し伸べてあげましょう。多忙な二人が協力的になるためには、互いに歩み寄る姿勢が大切です。

「○○の時はごめんね」

夫婦関係が微妙な時こそ伝えたい! 愛を深める7つのフレーズ


表面上は何事もなかったふうを装っていても、過去の夫婦ゲンカによる傷が癒やされていなかったり、二人の間にしこりが残ってしまうことがあります。パートナーを深く傷つける発言や行動をしてしまったのであれば、「○○の時はごめんね」と再度伝えることで、二人の関係が改善されることも。

「○○してくれてありがとう」

毎日ルーチン化する仕事や家事に対して、パートナーへの感謝の気持ちを忘れてしまいがちですが、夫婦関係が微妙な時こそ伝えたい感謝の気持ち。「○○してくれてありがとう」と一言伝えるだけで、パートナーの元気とやる気を促進してくれるはず。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.