恋愛情報『話しても理解されにくい!妊産婦のカラダ・ココロ事情』

2012年10月17日 20:20

話しても理解されにくい!妊産婦のカラダ・ココロ事情

話しても理解されにくい!妊産婦のカラダ・ココロ事情

「話せば分かる」そう信じたいものですが、人はいざ自分がその身になってみないと、本当の意味では理解できないもの。特に男女間の妊娠育児期にはその問題が多く起きます。今回は「どんなに説明しても伝わりにくい妊産婦の心と体の悩み」を集めました。

1、つわりのキツさ
つわりは人によって違いがありますが、ひどいと「ご飯の匂いをかぐだけで吐く、立ちくらみがひどい、1日中船酔いのようで寝ていても気持ち悪い」などの症状があらわれたり、入院する位ともいますよね。
しかし男子から見ると「1日中家で暇をしているのに、ご飯も作らない」という印象に。まだお腹も大きくなっていなくて見た目は変わらないので、理解されにくいものです。

2、産後の肥立ち
出産を終えるとどうしても赤ちゃんの方に注目がいってしまい、ママの産後の肥立ちには目がいきにくいもの。実際は血が流れ続けたり、骨盤も開いている状態が続くなど何かと大変なのですが、形に見えないと理解されにくいようです。

3、睡眠不足の辛さ
例え合計6時間寝てるとしても、間に2~3回起きて授乳やオムツ替えをしていると、あまり寝た気がしません。産後約1~2年は睡眠不足が続くのですが、初めは気遣われても時間が経つと「大丈夫でしょ」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.