恋愛情報『気をつけて! 恋が難しくなるネガティブパターン6つ』

2017年9月22日 15:00

気をつけて! 恋が難しくなるネガティブパターン6つ

目次

・1: 常に彼に対して“言い訳”を考えている自分がいる
・2: 好きになったら一直線、恋の展開がいつも早すぎる
・3: 彼氏が途切れない、ただしいつも短命の恋に終わる
・4: 彼氏について、いつもネガティブなことしか言わない
・5: 彼氏が変わるたび、彼の好みやテイストに合うよう自分を変えている
・6: 自分を好きになってくれない相手ほど、夢中になってしまう傾向がある
気をつけて! 恋が難しくなるネガティブパターン6つ


いい恋愛をしたいと思っているのに、いつもうまくいかない……そんな不毛な恋愛遍歴が続いていませんか?どんなに頑張ってみても、相手ありきの恋愛だから難しいのは当然のこと。でも恋愛が難しいと感じる人たちには、ある種のネガティブパターンがあるといいます。まずはそんな自分の恋愛パターンに注意してみませんか?

1: 常に彼に対して“言い訳”を考えている自分がいる

気をつけて! 恋が難しくなるネガティブパターン6つ


いつも遅刻してきたり、ドタキャンをする彼。そんな彼に対して“忙しいから”、“うっかりしている性格だから”なんて彼のための言い訳や理由を考え続けていませんか?それは彼に対する優しさかもしれませんが、恋人としてフェア(対等)な関係とは言えません。彼に対して都合のいい女になっていないか、よく考えてみる必要があるでしょう。

2: 好きになったら一直線、恋の展開がいつも早すぎる

恋に対して夢見がちな女子ほど、好きになったら一直線、休日はいつも一緒に過ごそうとしたり、早々に同棲しようとしたりします。でもそんな性急さに彼はついていけず、恋愛テンションが下がってしまっているかもしれません。
長くいい関係を続けるためには、お互いちょうどいい距離感、ペースが大切です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.