恋愛情報『恥ずかしすぎて言えない!  彼とのケンカのくだらなすぎる理由パート1』

恥ずかしすぎて言えない!  彼とのケンカのくだらなすぎる理由パート1

2018年1月14日 10:00
 

恥ずかしすぎて言えない!  彼とのケンカのくだらなすぎる理由パート1


彼とケンカしちゃったときは、友達や家族に愚痴のひとつでも言ってやりたいもの。でも、いざ話そうとしたときに、ケンカの理由のくだらなさに恥ずかしすぎて相談できなかった、なんていう経験はありませんか?
今日は「ひとさまに言うのには抵抗があるけれど、すこぶる腹が立つ!」という理由について、アラサー女子のみなさまに聞いてまいりました。

彼とのケンカのくだらなすぎる理由

めざまし時計をどちらが止めるか
恥ずかしすぎて言えない!  彼とのケンカのくだらなすぎる理由パート1


「同居中の彼がいます。朝、彼が起きるのがはやいんです。でも、めざまし時計が鳴ってもぜんぜん起きてくれなくて、いつも私が止めています。『自分のめざまし時計くらい自分で止めてよ!』って言ったら、『起きた方が止めればいいじゃん』と逆ギレ!意味わかんない!」(旅行代理店/27才/女性)

▽ それは大変でしたね。毎朝、起きなくてもいい時間に起こされるのって、苦痛だと思います。朝、弱いかたって、とことん弱いですからね……。寝起きは人が違うくらい不機嫌、という人も多いのではないでしょうか?
共同生活では、相手の生活習慣にある程度あわせることは、さけて通れない現実です。がしかし、逆ギレはいただけません。彼が先に起きないと罰金、なんて制度を取りいれてみてもいいかもしれませんね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.