恋愛情報『もう冷めちゃった!? 彼の愛情表現が少なくなってきた理由6つ』

もう冷めちゃった!? 彼の愛情表現が少なくなってきた理由6つ

2018年3月7日 15:00
 

関連リンク

・”キミ”限定だよ?男が「心を許している女性」だけにすること4つ
・ほんとはもっと伝えたい…!男が彼女に「寂しい」と思う4つの瞬間
・妥協するより幸せ!?「生涯独身」「大人婚」…未婚女性の新しい生き方
もう冷めちゃった!? 彼の愛情表現が少なくなってきた理由6つ


付き合った当初はあんなに愛情表現をしてくれたのに、最近ではめっきり……。手すらつないでくれなくなった……と寂しい思いをしている女子もいるでしょう。そこで今回は、彼の愛情表現が少なくなってきた理由を紹介します。彼の愛情表現が少なくなってきたのは、こんな理由からかも……。

彼の愛情表現が少なくなってきた理由

完全に自分の女になったと思っている
もう冷めちゃった!? 彼の愛情表現が少なくなってきた理由6つ


交際前や交際当初は彼女の気持ちをしっかり掴むためにマメに愛情表現する男子も多いもの。ただ、彼女の彼へ対する好きな気持ちが、彼の彼女へ対する好きな気持ちを超えたあたりで「この子は俺に惚れ込んでいる」と安心して、愛情表現が手抜きになってしまう男子もチラホラ出現します。
関係を長続きさせるためにも安心感は大事ですが、安心のさせすぎは愛情表現の手抜きにつながります。

彼女からの連絡が多すぎて、重く感じている愛情表現が少なくなった理由として、彼に連絡しすぎていることも考えられます。特に彼の方から愛情表現をしなくても、四六時中彼女から連絡が来る状態では、彼も安心しきって自分から愛情表現することを忘れてしまうかも。
忘れるくらいならまだいいですが、連絡が多すぎることで重く感じてしまうと、好きという気持ちも冷めてしまいがち。彼からの愛情表現が欲しいのなら、程よい距離は大事かもしれません。

誰かと比べられてヘコんでいる月日がたてば、彼の欠点もちょこちょこ見えてきたりしますよね。そのため、つい誰かと彼を比べる発言をしてしまう、という女子は要注意。自分を下げて見る相手に愛情表現なんて自然にできないです。彼が愛情表現しなくなった理由は、あなたの発言にヘコんで自信をなくしているためかもしれませんよ。

マンネリしすぎて刺激がなくなった
もう冷めちゃった!? 彼の愛情表現が少なくなってきた理由6つ


リラックスできる関係って素敵だけど、緊張がなく気持ちがゆるみすぎて、マンネリしてしまうのは考えものです。彼の方もそんな関係に慣れきって、「愛情表現をしなくてもいいだろう」というゆるい考えになってしまっているのかも。恋人同士と言うよりも家族っぽい感じになってしまうと、愛情表現も恥ずかしくなりがち。どんなに仲がよくても、恋人のようなデートは忘れない方がいいですね。

あなたが傲慢になってきたから最初はしおらしかったのに、時間とともにあなたの態度が傲慢になってきたせいで、愛情表現ができなくなっている可能性もあります。最近、彼に対しわがままばかり言っている、彼を一切褒めない……というのなら、態度を改めるべきですね。

最初無理して愛情表現を頑張っていただけもともとそんなに愛情表現するタイプじゃないけど、あなたに好かれたくて、最初だけ無理して愛情表現を頑張ってただけ……という可能性も、残念ながらあります。ですのであなたのことが嫌いになったとか、気持ちが冷めたとかではなく、元の彼に戻っただけなんです。
この場合は、再度愛情表現をしてもらえるよう促すのは難しいですが、あなたが「自分から離れちゃうかも……」と彼に思わせることができたなら、彼ももうちょっと頑張れるかもしれませんね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.