恋愛情報『華の女子大生になったのに! モテにまったく効果がなかったこととは?』

2018年3月28日 12:00

華の女子大生になったのに! モテにまったく効果がなかったこととは?

目次

・1: サークルに入る
・2: 飲みの席に参加する
・3: 控えめな女子になる
・4: 女子同士でつるむ
華の女子大生になったのに! モテにまったく効果がなかったこととは?


4年の間にはハタチも迎えますし、何かと自由の幅が広がる大学生。「華の女子大生になったんだから、きっと楽しいキャンパスライフが送れるはず!」と思った人もいたのでは?でもやっぱり理想と現実は異なるもの。
そこで今回は、アラサー女性に「大学生時代に、モテにまったく効果がなかったこと」についてリサーチしてみました。

1: サークルに入る

華の女子大生になったのに! モテにまったく効果がなかったこととは?


・ 「気になっていたサークルに入れたんだけれど、周りの女子がかわいすぎて、男子の視線を全部持っていかれました」(20代/経理)

・ 「そもそも勉強やバイトが忙しくて、サークル活動がほとんどなかった。あの時はほかのサークルに入ればよかったと後悔しましたね」(20代/一般事務)

▽ 「とりあえずサークルに入ればモテるんでしょ?」と思いきや、意外とそうでもないみたい。サークルの活動内容によっては、集まる頻度も少なく、そもそも仲良くすらなれないことも。またサークル内で彼氏ができたのはいいけれど、別れた後に気まずくなってしまうケースあります。一度きりしかないキャンパスライフだからこそ、「複数のサークルに入れば良かった!」と後悔してしまうようです。

2: 飲みの席に参加する

・ 「やっとハタチになったので、誘われるがままに飲み会に参加。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.