恋愛情報『彼とのケンカを深刻化させないために避けたいこと5つ』

彼とのケンカを深刻化させないために避けたいこと5つ

2018年3月29日 15:00
 

関連リンク

・イライラとバイバイ! 倦怠期が訪れないカップルの特徴
・この恋、そろそろ終わるかも…別れが近いカップルのサイン5つ
・結婚しているのに不倫願望が…。改めて考えたい3つのこと
彼とのケンカを深刻化させないために避けたいこと5つ


彼とケンカしてしまったら、なるべく早く仲直りしたいし、深刻化させたくないと思いませんか?もしそうなら、ケンカ中に“やってはいけないこと”を強く意識しましょう。
ケンカ自体は、お互いを理解するためにも決して悪いことではないと思います。だからこそ、関係を悪化させないケンカをしたいものですね。

彼とのケンカを深刻化させないために

1. 感情的になって声を荒げたり、ヒステリックな言い方をする
彼とのケンカを深刻化させないために避けたいこと5つ


ケンカの局面となるとつい感情的になって声を荒げたり、ヒステリックな言い方をしてしまうこともあるでしょう。しかし、女子のヒステリーは男性にとって最も苦手なこと。冷静に話し合おうという気持ちにもなれないし、思考がシャットアウトしてしまうので、ケンカも長引くばかりです。
感情がコントロールできなくなる前に、ケンカを中断したり、相手と距離を置くことも必要でしょう。

2. 本当はそんな気はないのに、別れる、離婚するといったことを示唆するケンカしている時、思わずカッとなって「もう別れる!」とか「離婚したい」など、口走ってしまうかもしれません。でもそれは、彼にとっては突然脅されたようなもの。彼だって驚いてしまい、冷静な対応をすることができなくなってしまうでしょう。
ケンカが白熱している時は、お互いイライラしやすくなっています。不用意な言葉で決定的な亀裂を作らないよう気をつけたいものです。

3. 相手を明らかに軽蔑するような態度をとる
彼とのケンカを深刻化させないために避けたいこと5つ


ケンカしているからといって、相手を明らかに軽蔑しているような態度をとるのは女の品格を下げるだけ。男性にとっても、身近な恋人から「下げられる」のは耐え難い屈辱であり、ストレスをため込みます。ケンカをしている時は、ケンカの原因を解決することだけにフォーカスしましょう。
相手に対するリスペクトまで失ってしまっては、カップルとして大きな痛手となってしまいます。

4. 相手を徹底的に責めて、自分がいかに正しいか力説するケンカの原因が相手のミスだったとして、あなたがまるでそれを刑事のように容赦ない言葉と態度で責め立てたら、相手はどう感じるでしょう。きっとぐうの音も出ないほど言い負かされて、苦い気持ちだけが残るでしょう。
それに追い打ちをかけるように、あなたが自分の正しさばかりを主張するのも、相手にいい印象は与えません。カップルのケンカでは、相手を「罰する」ことより「許す」ことのほうがはるかに大事です。

5. 元カレや友だちの彼と比較して、ネガティブコメントをするケンカをしていて相手にイライラが募ってくると、つい当てつけのように誰かと比べるような発言をしていませんか?「元カレや友だちの彼氏は、あなたよりずっと優しくて理解があるのに……」なんて言ってみたところで、ふたりの関係には本来何の関係もないことです。
もし反対の立場で、彼があなたを誰かと比べるような発言をしたらやはり傷つくはず。早く仲直りしたいなら、そんなネガティブ発言は絶対に避けましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.