恋愛情報『ケンカが増える? ツラい倦怠期を乗り越える4つのヒント』

2018年5月7日 11:00

ケンカが増える? ツラい倦怠期を乗り越える4つのヒント

目次

・倦怠期であることを共有する
・連絡は1日1回までにする
・会うことをタスク化しない
・そういう時期だと思って割り切る
・まとめ
ケンカが増える? ツラい倦怠期を乗り越える4つのヒント


付き合いが長くなってきたカップルに訪れる倦怠期。誰にでもあることですが、倦怠期を乗り越えられずに別れてしまうカップルも多いんですよね。
そこで今回は、ツラい倦怠期を乗り越えるためのヒントをご紹介します。

倦怠期であることを共有する

倦怠期を乗り越えられないカップルの特徴として、お互いの意思疎通がうまくできずに、お互いがお互いのことを少し負担に思っているにも関わらず、「相手の愛が重い」と感じてしまうことが挙げられます。
このタイプのカップルに有効なのは、まさに「お互いが倦怠期であると感じていること」を共有することです。「倦怠期を迎えているのかも……」と思ったら、まずは相談してみるのもいいでしょう。
相手が倦怠期だと感じていなかったときのために、「私は倦怠期に入ったと思っているけれど、あなたとの関係は続けていきたいから一緒に乗り越えたい」と伝えるのがベストです。向こうも同じことを思っていたら、倦怠期が去るのを一緒に待つことができます。

連絡は1日1回までにする

ケンカが増える? ツラい倦怠期を乗り越える4つのヒント


2人の性格にもよりますが、倦怠期に突入するとお互いのことがちょっと面倒に感じたり、負担に思ったりする瞬間ってありますよね。そのまま連絡をあまり取らない日が続く……なんていうことも。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.