恋愛情報『本当に甘酸っぱい? ファーストキスの思い出を聞いてみた』

2018年9月26日 09:00

本当に甘酸っぱい? ファーストキスの思い出を聞いてみた

目次

・歯が乾いて口が閉じなかった
・レモンの味がしないと言われた
・学校帰りのバス停で
・煙草くさかった
・一瞬すぎてよくわからなかった
本当に甘酸っぱい? ファーストキスの思い出を聞いてみた


ファーストキスにはどのような思い出がありますか?一生に一度しかないファーストキス。いい記憶として残っている人もいれば、そうでない人もいるでしょう。本当にファーストキスとは甘酸っぱいものなのでしょうか?ここでは初キスの思い出やエピソードを聞いてみました。

歯が乾いて口が閉じなかった

「緊張しすぎて前歯が乾いて唇に張り付いてキスするときに口が閉じなかった(笑)。あと目も閉じるのを忘れた。半目で口が開いていたなぁ……」(20代/IT)

▽ ファーストキスは緊張してしまう人も多いもの。見逃すまいと目を開けっ放しで見つめたという人や、息を止め続けて苦しかったなんて声もありました。
そんななかでもちらほら見かけたのが、前歯が乾いて口が閉じなかったという人たちです。緊張すると口元が乾いてしまいますが、それによって口が閉じられずに中途半端なキスをしてしまうのは若さゆえかもしれませんね。

レモンの味がしないと言われた

本当に甘酸っぱい? ファーストキスの思い出を聞いてみた


「高校生の頃に付き合った人とお互いの初キスを経験。終わったあとに『レモンの味しないね』って言われてドン引いたのを今も覚えてる」(30代/主婦)

▽ 初キスはレモンの味がするなんて言われていますが、実際はそんなに味わい深いものではないと感じる人もいるでしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.