恋愛情報『仲良しの秘訣? ラブラブカップルが意識する「いいケンカ」の特徴』

2018年12月30日 13:00

仲良しの秘訣? ラブラブカップルが意識する「いいケンカ」の特徴

目次

・ラブラブカップルの「いいケンカ」とは
・まとめ
仲良しの秘訣? ラブラブカップルが意識する「いいケンカ」の特徴


どんなに仲がいいカップル、夫婦でも「ケンカ」することはありますよね!ケンカするほど仲がいい、と言われていますが、実際に仲良しのカップルは「ケンカ上手」という声も。
ケンカによってマイナスにしないためには、どんなことを意識すべきでしょうか?今回は男女に聞いた「ラブラブカップルが意識する“いいケンカ”の特徴」をご紹介します!

ラブラブカップルの「いいケンカ」とは

1. 相手を打ちのめす言葉は禁句
仲良しの秘訣? ラブラブカップルが意識する「いいケンカ」の特徴


ケンカしていると頭に血がのぼって、相手のコンプレックスやダメな部分を指摘して「打ちのめしてしまう」なんてことはありませんか?
言い負かしてしまっても「後味が悪くなってギクシャクする」という声が目立ちました。

「ケンカの内容と関係ないのに、『安月給のくせに!』『デブ!』とかコンプレックスを指摘して打ちのめさないこと!これを言ってしまうと、仲直りしても『溝』ができてしまうので気をつけています」(30歳・女性・ネイリスト)

▽ カッとしてケンカの内容と関係ない「悪口」を投げかけないように!お互いに意識したいですよね。

2. 昔の話を持ち出さない話合っているときに、昔のことを持ち出すのも「よくない」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.