恋愛情報『どう決める? 先輩たちに聞いた、入籍日の決めかた5選』

2019年2月4日 03:00

どう決める? 先輩たちに聞いた、入籍日の決めかた5選

目次

・先輩たちは、こう決めてた!
・おわりに
どう決める? 先輩たちに聞いた、入籍日の決めかた5選


入籍日は新たに自分たち主体の家庭をもつ、まさに人生の節目となる日。親元を離れることの寂しさや、それと同等もしくはそれ以上の喜びを感じられる日です。そのため、入籍日はずっと忘れられない記念日になるわけですよね。ただ単なる記念日とは、重みがちょっと違います。
でもだからこそ、入籍日をいつに設定しようかというのは迷いどころでもあるんです。これに悩みだすとキリがない!

先輩たちは、こう決めてた!

(1)お互いの誕生日に合わせる
どう決める? 先輩たちに聞いた、入籍日の決めかた5選


「プロポーズは私の誕生日だったので、入籍日は彼の誕生日にしました」(32歳/フリーランス/女性)

▽ 誕生日と入籍日をダブルでお祝いすれば、喜びも2倍に!ダブルでお祝いをするのなら、盛大にとりおこなうことができそうです。

(2)プロポーズ・結婚式などに合わせる「プロポーズされた日に結婚式をして、その日に籍を入れました」(29歳/保育士/女性)

▽ 結婚関連の記念日を全てまとめてしまうのもあり!これはなかなかいいアイディアかもしれません。

(3)縁起がいい日を狙う「天赦日を探して、狙って籍をいれました」(31歳/製造/男性)

▽ その年によって異なりますが、年間5〜6日しかない大変貴重な日です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.