恋愛情報『ドキドキしなくなったら二人の関係は終わり? “恋”と“愛”の違いについて』

2019年3月17日 20:00

ドキドキしなくなったら二人の関係は終わり? “恋”と“愛”の違いについて

目次

・“恋”と“愛”の違いとは…?
・おわりに
ドキドキしなくなったら二人の関係は終わり? “恋”と“愛”の違いについて


どんなカップルも付き合いが長くなればドキドキ感は薄れていってしまいます。そんな日を恐れている女子も多いのではないでしょうか?でも、恐れるなかれ!絆をしっかり結んでいるカップルは“恋”が終わってしまっても、その次に“愛”が待っていますから!
今回は、愛すべき伴侶を得た既婚女性の意見をもとに“恋”と愛”の違いについて考えてみました。

“恋”と“愛”の違いとは…?

幸せになりたい!が“恋”。幸せにしたい!が“愛”
ドキドキしなくなったら二人の関係は終わり? “恋”と“愛”の違いについて


「旦那に出会ったときに『自分が幸せになりたい!』よりも『相手を幸せにしてあげたい!』って強く思ったんだよね。彼が笑顔になれるようにご飯を作りたいとかそばで支えたいとかね。
それまでの恋愛では、自分が幸せになりたいから彼にあれしてほしい、これしてほしいって求めることばっかりだったんだけど。これが“恋”と“愛”の違いじゃないかな」(32歳/主婦)

▽ 自分の気持ちに重きを置くか、相手の気持ちに重きを置くかが“恋”と“愛”の違い。愛している相手には自然と思いやりの心が生まれ、何かするときに見返りを求めなくなるものなのです。
自分本位での付き合いに幸せを感じているのなら今はまだ“恋”。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.