恋愛情報『ゲレンデマジック? スノボでの恋が「ひと冬」で終わりやすいワケ』

2019年3月22日 21:00

ゲレンデマジック? スノボでの恋が「ひと冬」で終わりやすいワケ

目次

・ゲレンデマジックが溶ける瞬間
・まとめ
ゲレンデマジック? スノボでの恋が「ひと冬」で終わりやすいワケ


ウィンタースポーツもピークの時期を過ぎつつある今日この頃。スノボで出会った彼との恋も終わりを迎えていませんか?白銀の世界で生まれた恋って、なぜか長続きしないんですよね。今回はそんなゲレンデマジックの種明かしをいたしましょう!春に向けてスッキリと心を切り替え、新たな恋を迎え入れましょう。

ゲレンデマジックが溶ける瞬間

1. スタイルがいいのはウェアのおかげ「ウェアを着込むと、太すぎず、細すぎず、ちょうどいい体型に見えるんだよね。裾が長い作りのウェアと、腰パン気味な着こなしのおかげで、足の長さも誤魔化しが効いてしまう。
スノボ合コンで知り合った人と後日会ったとき、頭でっかちで体もひょろひょろでおまけに足が短くて、いっきに恋も目もさめた」(31歳・女性)

▽ 好みは多少あるでしょうが、普段なら人の体型で突然好きになったり嫌いになったりはしないと思います。けれどウェアで真の体型が隠されていると、勝手に幻想を抱いてしまうもので、現実とのギャップに恋も目もさめてしまうのでしょうね。

2. 顔が隠れているから雰囲気でかっこよく見える
ゲレンデマジック? スノボでの恋が「ひと冬」で終わりやすいワケ


「ニット帽を深くかぶってゴーグルもして、さらにネックウォーマーで口元が隠れていると、ほぼ顔なんて見えてない状態。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.