恋愛情報『赤リップで妖怪に!?「メイクで可愛くなれなかった」失敗談4選』

2019年5月18日 18:00

赤リップで妖怪に!?「メイクで可愛くなれなかった」失敗談4選

目次

・(1)太眉で西郷隆盛に
・(2)赤リップで妖怪に
・(3)まつげを引き抜いてしまう
・(4)オルチャンメイクでおてもやん
・まとめ
赤リップで妖怪に!?「メイクで可愛くなれなかった」失敗談4選


可愛くなりたいと思うのは女子共通の願いですよね。可愛くなるために自分に似合うメイクを見つけようと鏡とにらめっこしたり、流行を追ったり、女子は日々努力を積み重ねています。しかし、時には頑張りすぎて失敗することも……。可愛くなるのって本当に難しいことです!そこで今回は、メイクで可愛くなれなかった失敗談をご紹介したいと思います。

(1)太眉で西郷隆盛

「太眉に挑戦した日、鏡を見ながら『誰かに似てるな~』と思った。しばらく考えて西郷隆盛だと気がついてすぐに細眉に戻しました」(20代・営業事務)

▽ 太眉は可愛いのですが、太すぎてしまったりアイブロウの色を間違えてしまうと、一気にダサくなってしまうので最初は難しいかもしれません。ただ、練習を重ねて上手になれば印象を一気に変えることも可能!

(2)赤リップで妖怪に

赤リップで妖怪に!?「メイクで可愛くなれなかった」失敗談4選


「赤リップをつけて夜のデートにいったら、彼氏に『うわっ。妖怪』と言われた」(20代・人事)

▽ 赤リップは、似合う人と似合わない人の差がハッキリしてしまいますよね。似合わないと唇だけが浮いてしまうという、ちょっと怖い状態になってしまうことも……。流行も大切ですが、リップは自分の顔に似合う色をチョイスしたほうが無難かもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.