恋愛情報『現実は厳しい!「あ、これ脈ナシだな」と気付いてしまった言動』

2019年6月14日 19:00

現実は厳しい!「あ、これ脈ナシだな」と気付いてしまった言動

現実は厳しい!「あ、これ脈ナシだな」と気付いてしまった言動


気になる人や、意中のお相手に勇気をふりしぼってアプローチ!こっちを向いてほしいな、少しでも好意を持ってもらいたいな……と思って行動をしても、必ずしもうまくいくとは限りません。ときには「完全に脈ナシだな」と気付き、ショックを受けることもあるでしょう。
ここではそんな、「脈ナシだな」と気付いてしまう言動を聞いてみました。

「脈ナシだな」と気付いてしまう言動

「また機会があればぜひ」
現実は厳しい!「あ、これ脈ナシだな」と気付いてしまった言動


「合コンで出会って仲良くなった相手に、思い切ってLINEで『今日は楽しかったです!よかったらまた食事でもどうですか?』と誘ってみたら、1時間くらいして『今日はありがとうございました。そうですね、また機会があればぜひ』って返ってきた。機会があればって……。脈があったら機会を作ってくれるはずだろうから、完全な脈ナシだと思った」(20代/広告代理店)

▽ 脈アリの相手だったら、自分で機会を作ってでも会いたいと思うもの。だからこそ「また機会があれば」という言葉をかけられるのは、断られているも同然です。厳しい現実ですね。

「他に誰か誘う?」「同じクラスの仲良し男女グループで遊んだあと、好きな人と帰り道が一緒になって、『今度はここに行こう!』って話題でもりあがった。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.