恋愛情報『これぞ青春! 学生時代のハッピーな雨の日エピソード・4選』

2019年6月18日 19:00

これぞ青春! 学生時代のハッピーな雨の日エピソード・4選

これぞ青春! 学生時代のハッピーな雨の日エピソード・4選


雨の日って憂鬱になりがち。でも雨だからこそ起きる、ハッピーな出来事も存在します。「雨をきっかけに、彼とはじめて話ができた」「ドシャ降りだったけれど、彼との距離が縮まった」など……。まさに恵みの雨ともいえるでしょう。
そこで今回は「学生時代の雨の日エピソード」についてご紹介します。

学生時代の雨の日エピソード

1. ふたりでびしょ濡れに
これぞ青春! 学生時代のハッピーな雨の日エピソード・4選


「高校生のときに彼と歩いていたら、いきなり大雨が降ってきた。慌てて屋根のある公園へ避難したけれど、全身ビショビショでなんか楽しくなっちゃって。そのままはしゃぎながら、ふたりで家まで帰りました」(30代/接客)

▽ 大人になると「なんで雨なのに車出してくれないの!?」とケンカにもなりそうですが、学生の頃は好きな人となら雨も純粋に楽しめたもの。
こういうハプニングが、ふたりの仲を近づけてくれるんですよね。

2. ドキドキの相合傘「彼と相合傘をしながら、家まで帰ったのが思い出深いですね。彼が『俺が傘持つよ』と言ってくれたのもキュンキュンしたし、なにより距離が近くて心臓バクバクでした」(20代/広告)

▽ 好きな人との相合傘って、一度は憧れるシチュエーション。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.