恋愛情報『旦那や彼氏を「やはりこの人は他人だな」と思う瞬間7つ』

2019年6月19日 09:00

旦那や彼氏を「やはりこの人は他人だな」と思う瞬間7つ

目次

・彼が大切な相談をする相手は母親
・悩み相談をしたときに適当に返される
・子どもの頃の思い出が違いすぎる
・風邪をひいても全く心配してくれない
・姪っ子や甥っ子の可愛がり方が違う
旦那や彼氏を「やはりこの人は他人だな」と思う瞬間7つ


旦那さんや彼氏は家族のように近い存在に感じることもあれば、ふとした瞬間に距離を感じることもあります。今回はそんな、パートナーを「やはりこの人は赤の他人だな」と思う瞬間を調査してみました。

彼が大切な相談をする相手は母親

旦那や彼氏を「やはりこの人は他人だな」と思う瞬間7つ


なにか悩みを抱えているときに、彼がまず相談するのは母親であるとき。こちらにも悩んでいることを打ち明けてくれるけれども、「母親にも相談したんだけどさ」とすでに母親に相談して、なんらかのアドバイスをもらったあとであるときには、少し距離を感じます。

悩み相談をしたときに適当に返される

こちらの悩みを相談したときに、「そんなの気にしなきゃいいんじゃない?」と軽く返されたとき。もっと親身になって考えてくれることを期待していたのに、まさに他人事といった感じで返答されると、相談したことを後悔するのです。

子どもの頃の思い出が違いすぎる

旦那や彼氏を「やはりこの人は他人だな」と思う瞬間7つ


彼とこちらの子どもの頃の思い出が違い過ぎるとき。育った家庭環境を変えることは不可能だけど、子どもの頃の思い出話をしているときに、彼は毎年夏休みには家族で海外旅行に出かけていたのに、こちらは近所で昆虫採集をして過ごしていたといった格差を目の当たりにすると、一気に彼が遠い世界の人のように感じるのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.