恋愛情報『せっかくの出会いも台無しに!お酒で恥をかかないための「泥酔予防テクニック」』

2013年3月22日 11:20

せっかくの出会いも台無しに!お酒で恥をかかないための「泥酔予防テクニック」

せっかくの出会いも台無しに!お酒で恥をかかないための「泥酔予防テクニック」

春は歓送迎会にお花見など、イベントも多くお酒を楽しむ機会も多くなります。楽しいことも多いですが、部署の移動や新しい人間関係などで実は体も疲労度MAX!油断していると二日酔いに悩んだり、酔った勢いで恥ずかしいエピソードを生んでしまうかも。せっかくの出会いの季節、お酒で台無しにしないためのポイントをまとめました。

他人のペースで飲むのはキケン!
お酒の席ではなぜか「お酒を周りに勧めるのが気の利く人」というイメージがあるせいか、人のグラスにどんどんお酒を注ぎたしたり、お酒の残りが少なくなっていると勝手に飲み物を追加する人も多いですよね。勧められるがままに飲んでいて、気付くとふらふらするほど酔っていた、なんてことも。
自分のペース以上に勧められても無理には飲まず、しんどい時はお酒と水を交互に飲むなど、雰囲気に乗せられて飲みすぎないようにしたいもの。和やかな雰囲気を保っていれば、断っても「ノリの悪い人」とは思われません。

おつまみナシはキケン!
ついつい食が進んでしまうお酒の席。「毎日飲み会で太りそう」「飲むと食べ過ぎちゃうから」からと、ほとんど食べ物を摂らず飲み続けるのは悪酔いのモト。事前に牛乳を飲んだり、チーズを食べるなどして胃の粘膜を保護しておきましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.