恋愛情報『え、そこまでやる? 彼氏のことをケチだと思う瞬間』

2019年8月6日 19:00

え、そこまでやる? 彼氏のことをケチだと思う瞬間

え、そこまでやる? 彼氏のことをケチだと思う瞬間


良い言い方をすれば倹約家、でも悪い言い方をすればお金にうるさいケチな彼。今回はそんな、彼氏のことをケチだと思う瞬間あるあるを集めてみました。

彼氏のことをケチだと思う瞬間あるある

「おごってやった」という態度をとる
え、そこまでやる? 彼氏のことをケチだと思う瞬間


「基本的にデート代は割り勘な私達ですが、たまにカフェでお茶をしたときに彼がその代金を払ってくれることがあります。そんなとき、たったの500円程度で『俺がおごってやった』という態度をとるのがちょっとダサいなと。そんな態度をとられるくらいなら、自分で払うけどといつも思ってしまいます」(28歳・Hさん)

▽ 「おごってやった」という偉そうな態度って腹がたちますよね。「ありがとう」すら言いたくなくなります。

1円単位まで割り勘「いつもデート代は彼が出してくれていたのですが、ある日、『今日、お金がないからちょっとだけ出してもらっても良いかな?』と言われました。それは全く構わなかったのですが、きっちり一円単位で割り勘した金額を言ってきて。
そのとき私は小銭をあんまり持っていなかったので、細かい金額は今度また払うねと伝えました。そしたら次のデートのときに初っ端からその細かい金額分を払えと言われて、ちょっと引きましたね」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.