恋愛情報『実はいいことたくさん!「夫婦で寝室が別々」の理由6つ』

2019年8月9日 20:00

実はいいことたくさん!「夫婦で寝室が別々」の理由6つ

目次

・いびきがうるさくて眠れないから
・夜泣きで起こさないようにしたいから
・ひとりじゃないと眠れないから
・ベッドに行く時間がばらばらだから
・お互いにとっての適温が違うから
・寝相、いびきが原因で喧嘩が増えたから
実はいいことたくさん!「夫婦で寝室が別々」の理由6つ


新婚当初はあんなにラブラブだったのに、月日が流れて寝室は別々……という夫婦も多いよう。ということで今回は、夫婦で寝室が別々の理由を調査してみました。

いびきがうるさくて眠れないから

実はいいことたくさん!「夫婦で寝室が別々」の理由6つ


圧倒的に多かったのは、いびきがうるさくて眠れないからという理由。若い頃はいびきをかくことなんてなかったのに、年齢を重ねるごとにいびきがどんどんひどくなっていく人が大勢います。いびきをかいている本人は全くその事実に気づかず、パートナーがいびきに耐えかね、寝室を別々にすることを提案することに。

夜泣きで起こさないようにしたいから

旦那さんを子どもの夜泣きで起こさないため。寝不足で仕事に支障が出ないようにするのが目的だそう。また旦那さんが帰宅する時間が遅いので、寝室が一緒だと子どもが起きてしまうから、という声も多く聞かれました。

ひとりじゃないと眠れないから

少しの物音でも起きてしまうほどの神経質で、ひとりじゃないと眠れないから。結婚した当初はじゅうぶんな部屋数がなく、仕方なくふたり一緒の部屋で寝ていた人も、広い家に引越して部屋数に余裕ができてからは、心おきなく眠れるよう寝室を別々にすることも。そばに誰かがいないと不安になる人もいれば、ひとりのほうが快適に眠れる人だっています。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.