恋愛情報『「こだわり」が違ってきた? 年をとって変化したメイク&ファッション』

2019年9月9日 11:00

「こだわり」が違ってきた? 年をとって変化したメイク&ファッション

目次

・1. バッグは見た目より機能性
・2. ヒールの高さはできる限り低く
・3. 一年中メイクは同じ
・4. 服はあえて流行を外す
・5. 値段設定が優先
・まとめ
「こだわり」が違ってきた? 年をとって変化したメイク&ファッション


メイクやファッションは自分を表現するための大切な手段の一つ。「自分らしさ」を求めて努力をするのは、女子の楽しみでもありますよね。しかし、年齢を重ねて、ふと自分の「こだわり」が変わっていっているような気がしたことはありませんか?一応「こだわり」は持っているものの、若い頃の「こだわり」とは何かが違ってきた……。そんな風に感じる女子は案外多いはず。
そこで今回は「年をとって変化したメイク&ファッション」をご紹介したいと思います。

1. バッグは見た目より機能性

「こだわり」が違ってきた? 年をとって変化したメイク&ファッション


「若いときは小さめバッグを好んで使っていたけど、年齢を重ねるごとに荷物が多くなっていき、小さめバッグを全く使わなくなった。最近、荷物がたくさん入って軽くて両手があくリュックの素晴らしさに改めて気がついた」(30代/派遣)

▽ 小さめバッグは可愛いですしおしゃれですが、物を多く持つようになると不便に感じてしまいますよね。年齢を重ねると、どうしても機能性を重視したくなる!

2. ヒールの高さはできる限り低く

「背が低いので高いヒールを好んで履いていたのですが、年々きつくなっていき、今はローヒールかスニーカーを履いています。同僚には『背が縮んだ』と、からかわれます(笑)」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.