恋愛情報『告白してないのに…まるでフラれた気分になったセリフ』

2019年9月15日 21:00

告白してないのに…まるでフラれた気分になったセリフ

告白してないのに…まるでフラれた気分になったセリフ


告白していないのに、そして相手のことを好きでもないのに、なぜか自分がフラれたかのような経験をしたことがある人も少なくないはず。納得できない気持ちや、悔しいような恥ずかしいようなモヤモヤした葛藤をする人もいるでしょう。ここでは告白をしていないのに、まるでフラれた気分になったセリフをリサーチしてみました。

まるでフラれた気分になったセリフ

「そんな人だったんですね…」「職場で3歳年下で私が仕事を教えている後輩の男の子。私によくなついているなと思ったんだけど、職場の飲み会でめちゃくちゃ飲んでいたらその子に『そんな人だったんですね……』ってドン引かれた。勝手に残念がられて、なんだかフラれた気持ち」(30代/IT)

▽ 勝手なイメージを押し付けられ、そこから違うとがっかりされる。そんな出来事があると、なぜかフラれたような気持ちになって悲しくなりますよね。見た目と性格にギャップがある人ほどそんな被害に遭いやすいようです。

「彼女できたから!」
告白してないのに…まるでフラれた気分になったセリフ


「気づいたら近所の幼馴染と学校帰りは毎日一緒に帰るのが習慣に。お互いに特に好きでもなくて、なんとなく親が決めたルールのようにして帰っていたんだけど、中学のときに幼馴染に『彼女できたから!ばいばい!』って一方的に言われてなんか傷ついた」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.