恋愛情報『関係の修復が難しくなるかも! 夫婦喧嘩でのNGワード5つ』

2019年10月8日 18:28

関係の修復が難しくなるかも! 夫婦喧嘩でのNGワード5つ

目次

・何気ない発言で傷つけることもある
・関係悪化を招くNGワードとは?
・禁句は常に心に留めておくべき
関係の修復が難しくなるかも! 夫婦喧嘩でのNGワード5つ


いくら“夫婦”といえど、言って良いことと悪いことというのは確実に存在します。親しき仲にも礼儀あり。先人たちは、いったいどのような思いでこのことわざをつくったのでしょうか。兎にも角にも、先人たちの知恵や教訓から習う部分はとても大きいのではないかと思います。

何気ない発言で傷つけることもある

夫婦生活を営む上で、相手に遠慮ばかりして言いたいことを言えないのは当然のことながらNGですが、だからと言って無遠慮に“何でも言って良い”わけでもありません。とはいえ、大切なパートナーを「よし!今日こそは徹底的に傷つけてやろう!」と思って発言をするひとはなかなかいないと思います。
それなら何も問題ないのではないかと思うかもしれませんが、「問題」は“何気なく言い放った”発言にこそ潜んでいるものなのです。そこで今回は筆者を含め、筆者のまわりの夫婦たちにも話を聞き、気をつけている発言についてまとめてみました。

関係悪化を招くNGワードとは?

(1)「本当、あなたって薄給よね!」
関係の修復が難しくなるかも! 夫婦喧嘩でのNGワード5つ


世の男性にとって、“仕事ができること”は大きなステータスであり、また、非常に大切な部分でもあるのです。自分の核となる部分をバッサリと否定されることほどツラいことはありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.