恋愛情報『なんて悲惨…! 聞くだけでツラい「都合のいい女選手権」』

2019年10月14日 18:28

なんて悲惨…! 聞くだけでツラい「都合のいい女選手権」

目次

・毎晩夜中の電話に必ず出る
・彼氏の職場まで朝晩車でお迎え
・泊まりに行くたびに家事をしつくす
・彼の生活費を稼ぐ
なんて悲惨…! 聞くだけでツラい「都合のいい女選手権」


好きな人が相手だと、何でも言うことを聞いてしまう。ダメだとわかっていてもつい貢いでしまう。好かれたくて尽くしてしまう。そんな「都合のいい女」になってしまったことはありませんか?
自分でもわかっているのに、どうしても相手からの愛情を受けたくて一生懸命になってしまう、けなげな女性たち。ここではそんな、聞いているだけでツラくなるような都合のいい女になった経験を聞いてみました。

毎晩夜中の電話に必ず出る

「付き合っているわけでもない相手の暇つぶしに付き合うために、毎晩彼からかかってくる電話を待ってた時期があったな……。仕事で疲れているのに、深夜3時まで電話に付き合ったり。しかも彼は一方的に自分の話をしたり、歌を歌ったりするだけという。私が好きなことを知っていていいように利用されていたんだなって今ならわかる」(30代/保育士)

▽ 常識を疑うような時間帯に電話がきては、暇つぶし相手として扱われていたそう。電話口で歌を歌い続けたり、恋愛相談に乗り続けたりと、何かといいように使われていたそうです。仕事があるにも関わらず、深夜の時間の電話対応をするあたり、都合のいい女の健気さが表れていますね。

彼氏の職場まで朝晩車でお迎え

なんて悲惨…! 聞くだけでツラい「都合のいい女選手権」


「めちゃくちゃ浮気性だった彼氏の“足”として使われていたことがあった。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.