恋愛情報『知ってた? 男と女では“距離を置こう”のニュアンスが違う』

2019年11月5日 20:28

知ってた? 男と女では“距離を置こう”のニュアンスが違う

目次

・男女で異なる「距離を置こう」の意味
・そこで食い下がらないこと
・距離を置いた後は連絡しない
・予定を入れまくる
・見切りをつけるタイミング
知ってた? 男と女では“距離を置こう”のニュアンスが違う


できれば訪れてほしくありませんが、「距離を置こう」というセリフを言ったり、言われたりした経験がある方もいると思います。この言葉、女性から言い出したときと男性が言い出したときではニュアンスの違いがあることを知っていましたか?今回は、男女別の「距離を置こう」の真意と、男性に言われてしまったとき取るべき対応をお伝えします。

男女で異なる「距離を置こう」の意味

「距離を置こう」と伝えるとき、女性は一人になって考えたり、相手の気持ちを確かめたりするために言う傾向があります。一方、男性はすでに別れを決意したときにこのセリフを使います。
別れたいと直接的に言わないのは、「なるべく傷つけたくない」「逆上されると面倒くさい」「とりあえずキープにするか」など、さまざまな理由があるようです。つまり、男性にこのセリフを言われた時点で覚悟をしなくてはならないということなのです。

そこで食い下がらないこと

知ってた? 男と女では“距離を置こう”のニュアンスが違う


このときに「なんで?」「どうして?」「いつまで待てばいいの?」と思ったとしても、言うだけ無駄。残念ですが、あなたがどんなに泣こうが怒ろうが、彼にうっとうしいと思われるだけです。
こういうときは「あっそう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.