恋愛情報『一度はやってみたかった! 学生時代に憧れた告白の仕方5つ』

2019年11月26日 17:28

一度はやってみたかった! 学生時代に憧れた告白の仕方5つ

目次

・下駄箱にラブレター
・放課後、教室に呼び出す
・先輩に敬語で告白
・大勢の前で告白
・夏休みの間に会って告白
・まとめ
一度はやってみたかった! 学生時代に憧れた告白の仕方5つ


大人になった今なら、夜景の見えるレストランで告白……なんてことができますが、学生のうちにしかできない告白もありますよね。恥ずかしくて当時はできなかったものの、今思えば「やっておけばよかった」と後悔してしまうものです。そこで今回は、「学生時代に一度は経験しておきたかった告白」を5パターンご紹介します!

下駄箱にラブレター

一度はやってみたかった! 学生時代に憧れた告白の仕方5つ


「下駄箱があるなんて学生の頃だけじゃないですか。好きな人が私のラブレターを見つけて、まわりをキョロキョロ見まわしながら読むのを遠くから見ていたい」(28歳/アパレル/女性)

▽ 下駄箱にラブレターは、される側もうれしいですよね。ドキドキ感を味わえますし、手書きの文字で気持ちを伝えられるのでグッとくるものがありそうです。

放課後、教室に呼び出す

「『放課後、2-1に来てください』って手紙を休み時間に渡したい!定番すぎて当時は恥ずかしいと思っていたけど、やらなかったのを後悔している」(27歳/飲食業/女性)

▽ 放課後の呼び出しは、相手を待っている時間がすごく緊張するんですよね!告白する前から相手に悟られているでしょうし、それも含めて緊張するのかもしれません。

先輩に敬語で告白

一度はやってみたかった! 学生時代に憧れた告白の仕方5つ


「先輩に告白をするのに憧れていたので、一度でいいからやってみたかったです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.