恋愛情報『どのくらい負担するべき? みんなのデート代事情』

2020年1月12日 18:28

どのくらい負担するべき? みんなのデート代事情

目次

・彼の方が多めに出す
・記念日は彼のおごり、それ以外は割り勘
・食事代は彼、○○代は彼女持ち
・プレゼントでお返し
・3回に1回は彼女が負担
・手料理代を振る舞うときは彼女持ち
・普段から○○を渡す
どのくらい負担するべき? みんなのデート代事情


デート代は全部彼持ちという人もいれば、割り勘の人も。カップルによって、デート代の負担割合は結構違うよう。今回はそんな、みんなのデート代事情を調査してみました。

彼の方が多めに出す

全額彼のおごり、割り勘というわけではないけれど、彼の方が多めに出してくれる。彼が全部支払うとなると彼の負担が大きくなりすぎるし、かといって割り勘はかっこ悪いと思っている男性が多いのも事実。そこで、6:4や7:3の割合などで、彼が多めに出すカップルも多いよう。

記念日は彼のおごり、それ以外は割り勘

どのくらい負担するべき? みんなのデート代事情


普段のデートは割り勘だけど、記念日などは彼のおごり。いつも彼に支払ってもらっているとちょっと悪いなあと思ってしまうけれど、通常のデートは割り勘で交際記念日や誕生日なら彼が全額出してくれると、素直に「ありがとう!」って思っちゃうのです。

食事代は彼、○○代は彼女持ち

食事代は彼が払い、カフェでお茶をするときには彼女が負担。メインの支払いは彼がするけれど、デート中にかかる細かい出費は彼女が支払うのです。映画デートだったとしたら、チケット代は彼持ち、ポップコーンやジュースは彼女持ちなどなど。

プレゼントでお返し

通常デート代はすべて彼持ちだけど、誕生日やクリスマスのときに彼へのプレゼントでお返しする。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.