恋愛情報『リードするだけじゃダメ! 年下彼氏と付き合うときのヒント4つ』

2020年2月14日 20:28

リードするだけじゃダメ! 年下彼氏と付き合うときのヒント4つ

目次

・NOT世話焼き
・彼の前で年上発言をしない
・リードするのならさりげなく
・リードされたいのなら習慣づける
リードするだけじゃダメ! 年下彼氏と付き合うときのヒント4つ


アラサーになり年下も恋愛対象となった女性もいるはず。今まで同い年や年上としか付き合ったことがない女性なら、年下男性の扱い方に戸惑うことはありませんか?そこで今回は、「年下彼氏と付き合うコツ」をご紹介します。

NOT世話焼き

年下ってちょっと頼りないし可愛いので、ついつい世話を焼いてしまう女性もいるかもしれません。でも、彼の「彼女」であり続けたいのなら、過剰に母性本能を発揮しないことです。あれこれ身の回りのことをしてあげると、いつの間にか彼の「彼女」ではなく「お母さん」のようなポジションになってしまいますから。
正直、オトナの男性からしたら、お母さんはふたりもいらないんです……。世話焼き癖のある女性はちょっと気をつけたほうがいいですよ。

彼の前で年上発言をしない

年の差が2~3歳なら、付き合っていてもそこまで年の差を感じないかもしれません。ですが、5歳以上離れるとちょっと下に感じますよね?歳の差を感じたとしても、「私もうおばさんだから」「○○君は若くていいなー」「あと5年したら○○君にもわかるよ」などの発言をしてはダメ。彼は「見下された」と思い、プライドが傷つくかもしれません。
交際する上で精神年齢は関係あっても、実年齢ってそこまで関係ないじゃないですか?わざわざ彼の前で年の差を感じさせる発言なんてしなくていいですよ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.