恋愛情報『彼に否定意見を言うときに、ケンカにならないようにするコツ4つ』

2020年2月25日 22:28

彼に否定意見を言うときに、ケンカにならないようにするコツ4つ

目次

・1. まずは話を全部聞く
・2. 肯定してから否定をする
・3. 内容によっては一旦保留にする
・4. LINEや手紙で伝える
彼に否定意見を言うときに、ケンカにならないようにするコツ4つ


お互いの意見がぶつかってしまい、最終的に大ゲンカに発展してしまうことってあるはず。とはいえ、彼の顔色をうかがって、常にイエスマンになってしまうのは違いますよね。なるべく争いは避けて、自分の意見が伝わったらいいなと思うもの。
そこで今回は「彼に否定意見を言うときに、ケンカにならないようにするコツ」についてご紹介します。

1. まずは話を全部聞く

「昔は途中で言い合いになってしまい、冷静な会話ができなかった。でも、最近は相手の意見を聞いてから、自分の気持ちが言えるようになりました。怒鳴り合いになることはかなり減りましたね」(20代/一般事務)

▽ 彼が話している途中で「でもさ!」と話を遮ってしまうと、討論になりがちですよね。お互いに声が大きくなっていき、最終的にケンカに発展します。疑問やイラッと来ることがあっても、まずは彼の話を聞きましょう。そして、彼が話し終わったら、そっと深呼吸をして意見を言うようにしましょう。

2. 肯定してから否定をする

「無意識に『いや、そうじゃなくて』と言いがちと気付いてから、できるだけ肯定することを心がけてきました。そのほうがお互いの意見を踏まえた上で、納得のいく結論が出やすい気がする」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.