恋愛情報『惜しい! あと一歩足りない…夫の気遣いにイラッとした瞬間』

2020年3月13日 22:28

惜しい! あと一歩足りない…夫の気遣いにイラッとした瞬間

目次

・(1)体調不良の時にかける言葉が残念
・(2)洗濯物を手伝い衣類がダメになる
・(3)差し入れのチョイスがダサすぎる
・(4)荷物を持ってくれるが痛い
・(5)ご褒美のつもりが墓穴
・まとめ
惜しい! あと一歩足りない…夫の気遣いにイラッとした瞬間


積極的に家事や育児に参加をしてくれる夫が増えているようです。しかし、あと一歩足りない夫の気遣いは逆に妻の仕事を増やしてしまうことも。
そこで今回は、イラッとした夫の気遣いについて調査してきました。優しい気遣いなのですが……惜しい!

(1)体調不良の時にかける言葉が残念

「体調が悪くて寝込んでいたら、夫が栄養ドリンクを買ってきてくれました。『ゆっくり休んで』と言うのかと思いきや『これ飲んで頑張って』と言われてイラッ!家事さえも休ませてくれないの?」(31歳/美容関連)

▽ 体調をいたわっているのかと思いきや、家事をしてほしいと訴えているようにも聞こえますよね。きっと心配しているのでしょうが、応援の仕方を間違えたようです。

(2)洗濯物を手伝い衣類がダメになる

「夫が私の機嫌を取ろうと、はじめて洗濯機を回し始めました。しかし、一度に全部洗ったようで私のシルクのブラウスが縮んでしまいダメになってしまいました。高かったのにー」(29歳/公務員)

▽ 洗濯カゴに入っていた衣類を丸ごと洗ってしまったご主人。素材によって分けることを知らなかったようです。後日、夫のお小遣いで新しいブラウスを買ってもらったそうで、結果オーライ!

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.