恋愛情報『クセが強すぎる! みんなが苦戦したやっかいなライバルの実態』

2020年4月4日 07:28

クセが強すぎる! みんなが苦戦したやっかいなライバルの実態

目次

・生粋のぶりっ子
・裏アカウントの持ち主
・自由に涙が出せる
・ライバルを褒めまくる
・まとめ
クセが強すぎる! みんなが苦戦したやっかいなライバルの実態


同じ男性を好きになった相手がなかなかの強敵だったとき、闘志がわく人もいるかもしれませんが、大半の女性は気が滅入るのではないでしょうか。ライバルはいないにこしたことはありませんよね。
今日は、女性のみなさんに「過去の恋愛で苦戦したライバル」について語っていただきました。これは手ごわい……!

生粋のぶりっ子

「同僚の女の子は、職業がぶりっ子と言っても過言ではないくらい生粋のぶりっ子。顔が整っていてスタイルもいいほう。しぐさも男のツボを心得ていて、狙った男の子はだいたい落としちゃうタイプ。
好きな人がかぶったときは『○○さん(私)、私のことが嫌いみたいなの……』と彼に言っていて散々でした」(エステティシャン/35歳/女性)

▽ それは大変な思いをされましたね。自分のためにそこまで真っすぐになれるのは、一種の才能なのかもしれません。意中の彼はコロッとだまされちゃったりして……。でも、そんな人なら好きにならなくて正解!

裏アカウントの持ち主

「ライバルがTwitterの裏アカウントを持っていたことがあります。『○○ちゃんにこんなこと言われたけどひどくない?小心者の私にはきつい……』みたいな感じで、相手にとって都合がいい感じに脚色された内容が書かれていました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.